• HOME »
  • グループホームオアシス

グループホーム オアシス

chuisiji

グループホームとは

グループホームとは、少人数の認知症のお年寄りが介護スタッフとともに地域の中で自立的な共同生活を行う地域密着型サービス事業の介護施設です。 小人数を単位とした共同住居の形態で、食事の支度や掃除、洗濯をスタッフが利用者とともに共同で行います。アットホームで落ち着いた雰囲気のなかで生活を送り、認知症の進行を穏やかにし、家庭介護の負担軽減に資することになります。 認知症は画一的にケアを受けることを望みません。そうした生活ケアに不安を感じさせないように、家庭的な少人数の施設で個々の生活を重視し「なじみの関係」を作り上げていきます。 お年寄り同士の人間関係を重視し、家庭的な雰囲気の中で生活の場を支援することにより、お年寄りたちはいつも世話をされているだけの肩身の狭い存在ではなく、一人一人が何らかの役割を持ち自分自身で考え行動することがリハビリになり、認知症の進行も遅らせる効果があります。

入居の対象になる方

・要介護(1~5)または要支援2の方 ・南風原町在住の方 ・認知症の方(軽度の方も相談できます。) 認知症の方の入所・通所に関わる相談や見学のお問い合わせについては
グループホーム オアシス

電話: 098-889-6628  

定員

9名(全室個室)

オアシスについて

osais_1 osais_2 のんびりできるリビングで皆とすごしたり、ゆっくりと一人の時間をもちたい時は、自分の部屋でお気に入りの物に囲まれながら過ごすなど、落ち着いた雰囲気の中でなじみの関係を大切に過ごしています。

オアシス一日の流れ

oasis_1day  ※入居者の意思を尊重しながら、日常生活を支援します。 ※「なじみの関係」をつくり、安心感を得られる・心にゆとりが持てるようなケアに努めます。

オアシスでの生活の様子

osais_3 o_syu 体操やレクリエーション、手工芸の時間に貼り絵で手先を動かしたりなど、 日々の生活の中で、楽しみながら行えるような機能訓練・歩行訓練を日課に取り入れ実施しています。   o_himawari o_goya 季節ごとの年中行事のほか、誕生会やドライブなど様々なイベントを行っています。 6月には皆で育てたゴーヤーを収穫し、おいしくいただきました。 


 

  

 

 

 

Copyright © 医療法人フェニックス 博愛病院 All Rights Reserved.