• HOME »
  • 入院案内

入院案内

Ⅰ.ご入院の皆様へ

博愛病院は、患者様と信頼ある関係を重視し、安心で信頼される医療を提供します。

1.患者様は、人としての人格を尊重され、何人も公正で良質の医療を受ける権利があります。

2.患者様は、診療、治療に関することを、わかりやすい言葉で十分な説明を受ける権利があります。

3.やむを得ず法的制限が行われる場合を除き、十分な説明に基づく同意の上で、治療計画に参加し意見を述べることができます。

4.診療上、知りえた情報、人間関係などについてプライバシーが尊重され、慎重に扱われます。

 

入院手続き

1.入院形態

入院の形態には、つぎの4通りがあります。
  1. 任意入院:患者様ご本人の同意に基づく入院形態
  2. 医療保護入院:保護者(配偶者および家庭裁判所で保護者の選任を受けられた方、未成年に於いてはその父母)の同意による入院
  3. 措置入院:都道府県知事の命令による入院
  4. 応急入院:医療及び保護の依頼があったものについて急速を要し、保護者の同意が得られない場合精神保健指定医の判断での72時間以内の入院

2.入院手続きに必要な書類

入院に当たり、入院することの同意書を取ります。
    • 任意入院    ご本人の署名
    • 医療保護入院  保護者の同意(保護者の確認など精神保健福祉士より説明)
    • 入院誓約書   ご本人の署名

3.入院手続きに必要な書類

  1. 健康保険証(介護保険証・その他医療助成認定証、手帳など)
  2. 印鑑

Ⅱ.入院費について

 1.入院費

  1.  入院費は、前月分の入院費と食事負担金保険給付外費用を翌月の7日~15日までの間に会計窓口でお支払いください。(原則、請求書の発送は致しませんのでご了承ください。なお、入院費については、7日以降お電話でお問い合わせください。)
  2. 退院の場合は、当日までの入院費を退院時にお支払いください。
  3. 領収書は高額医療費の還付手続き、医療費の証明、所得税の医療控除を申請する時などに必要ですので、大切に保管してください。(領収書の再発行はできません。)

2.限度額認定証の交付を受けてください

限度額認定証により、窓口での自己負担上限額が決定します。

3.小遣い銭について

  1.  自己管理が原則です。ご家族から直接現金をお渡しください。
  2. 病状の為、あるいは本人、家族の希望により入院患者預り金約定書(小遣い銭管理業務)を交わし病院が管理することができます。
  3. なお、約定書の取り交わし窓口は相談室です。

 Ⅲ.入院生活のご案内

 1.面会・外出・外泊・通信について

【面会】
  1. 面会は、治療に支障のない限りできます。症状によっては面会が制限される場合がありますが、必要な場合は主治医から説明を行います。
  2. 面会時間は原則として午後1時~午後8時までとなっておりますが、様々な事情への配慮ができる場合もありますので、遠慮なくスタッフへ申し出てください。
  3. 面会時、食べ物、物品の差し入れの際は病棟スタッフに一言お申し出ください。なお、なま物(傷みやすいもの)の差し入れはご遠慮ください。
  4. 食べ物、物品等の差し入れ品は病棟ではお預かりできません。ご了承ください。
【外出】 ☆外出・外泊は治療の上で大切な事柄です。ご家族のご協力をお願いいたします。
  1. 主治医への届け出が必要です。
  2. 外出・外泊を希望される場合は、病棟スタッフへ申し出てください。
【通信について】
  1.  電話はデイルームの公衆電話をご利用ください。テレホンカードは売店で買い求めることができます。
  2. 便箋・はがき・切手類は、売店で購入できます。

2.入院の際用意するもの

  1. 洗面用具 (洗面器、歯磨き粉、歯ブラシ、石鹸、タオル、シャンプー など)
  2. 衣類  (普段着、下着、トレパン(ひも付は外してください)など)
  3. 日用品  (プラスチックコップ、ヘアブラシ、スリッパ、南京錠、タッパーなど)
※持ち物には必ず名前の記入をお願いします。 ※高額の金品、宝石、貴重品(紛失して困るもの)は家庭で保管してください。 ※病棟内に持ち込みが出来ないものがありますので、安全確保の観点から荷物のチェックを行う事もありますのでご了解ください。 持ち込みが出来ないものについては入院時にスタッフより説明があります。

4.洗濯物の取り換え

洗濯物がたまらないように、家族、患者さま本人で管理してください。自己管理が難しい方は、洗濯を依頼することができます。病棟スタッフ、担当ワーカーまで相談ください。なお、契約が必要ですので、印鑑をご持参ください。

5.相談室について

精神保健福祉士などが、病気に伴っておきる経済的問題や人権に関すること、退院後の生活や社会資源の活用について、相談・苦情を受け付けています。

電話相談窓口:(098) 889-7373

(平日:9:00~17:00)


 

  

 

 

 

Copyright © 医療法人フェニックス 博愛病院 All Rights Reserved.